2008年10月27日

きらきら紫ハートスピリチュアルカウンセリングリボンがけのハートきらきら

中学からの友達の紹介で見てもらった占いきらきら

ただ一言、
すごい。

今まで死後の世界とかたいして信じてなかったけど、霊の存在を一気に信じてしまった。
鳥肌モノだった。


一緒に行ったおばあさんを見て、「旦那さん亡くなってますよね?あと娘さんかな?今日一緒にいらしてますよにこにこ
おばあさんの後ろ(上?)で話してるのが見えるらしく、
ママに東北訛りがないコトも、
ママには結婚した一人娘(=アタシ)がいるコトも、
ママとおじいさんの人間関係も、
何も言ってないのにどんどん分かって、
ママに続いて1週間後に亡くなったおばあさんの妹に関しては名前まで「!!」(その方も名前までわかったのは初めてらしく、よほど波長が合ったのか?)


ママはすべて受け入れてるらしいけど、
おじいさんはまだ納得してないらしい泣き笑い
やり残したコトがある、俺がいなきゃ始まらないって言って、
ママに「もう死んだんだから手(パー)」ってたしなめられてるらしい(笑)目に浮かぶわ泣き笑い
不器用でぶっきらぼうって言われてホントそう。
でも、やっぱりおばあさんのコト大好きだったんだきらきら
今はおばあさんの足腰が悪いの心配して、手を引いてくれたり、注意しろって肩たたいてくれたりしてるらしいきらきら
生きてる時はそんなコトしなかったのにねっておばあさんと笑ったスパーク2(キラリマーク)
でもすげー素敵なコトだと思った。


ママはアタシに、
「あんたよくやってんじゃんきらきら」って言ってくれた。
もうその言葉だけですごく泣いちゃって…
「家にいた時はお皿も洗わなかったのにね」
「私がいなくても大丈夫だね」
って…

赤ちゃんのコトもすごくサポートしてくれてて、
体調悪くなりそうな時に虫の知らせが来たり、
どう対処したらいいか耳元で教えてくれたりしてるんだよって聞いて、
赤ちゃんがすごく手のかからない子なコトに妙に納得した。
今まで1人で心細かった育児がそうじゃなかったんだって、
ママ友のバァバの話とか聞いて羨ましかったりしたけど本当はそれ以上に心強い味方がいるんだって思った。

ママの友達(ママがいないから誰か聞けないんだけど涙ぽろり)も、
父方のおじいさんも、
アタシの前世のヨーロッパのシスターも憑いててくれてるみたい。
なんかスゴい世界だな〜きらきら実感とかないけど…独りじゃないんだスマイルフェイス

ママの入院でアタシが仕事やめたコトをママは申し訳なく思ってたみたいで、実家の仏壇に大丈夫だよって言ってきた四つ葉
posted by ふみぇ at 22:29| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。